転勤族の妻の仕事さがしはこれで解決!

転勤族の奥様の仕事探しの新しいスタイルとは?

いつもありがとうございます。

だんなが転勤族で、3年前後で国内を転々としています。

現在こどもはまだおらず、周りに知り合いも少ないため、転勤先での仕事を探しています。

ところがなかなか決まらず困っています。

どうも面談で転勤でまた引っ越す可能性があることを伝えると、長く続けられないせいか、面接が進まなくなってしまいます。

面接テクニック:自分から転勤族といわない

転勤が伴うご家族は、お仕事探しで同じような悩みが多いです。

まず、面接のテクニックの話からお伝えすると、面接時には転勤で引っ越してきた旨は率直にお話しして良いと思います。

しかし、だからといって転勤族だと思わせる発言は自分からはなるべくしないようにしましょう。

お話を聞いてみると、ご自分から「転勤族なので・・」と、また次も転勤がある可能性が高いことをお伝えしてしまう方が多いです。

採用会社からは、どうしても2年や3年で退職される前提では雇用しにくいものです。

転勤族の妻でも仕事と友人と両立させる方法

転勤族でも関係なく、しかもどこに転勤しても仕事があるのが、ヘルパーの仕事です。

高齢化社会になった日本では、人材不足となっており、社会的にもやりがいのある仕事であるといえます。

訪問ヘルパーの仕事は、どんな場所に行っても必要とされる仕事で、一度しっかり経験し仕事ができる状態になると、他の場所でも通じますし、経験者として待遇面で優遇されるケースもあるようです。

介護士(旧ホームヘルパー)になるには?

ホームヘルパーになるには、介護職員として働くための資格が必要になります。
まず介護職員初任者研修を受けることが必要で、この資格は介護の職務を仕事として勤務するために必要な基礎となる資格です。

実際の研修はトータルで約130時間の研修を受けることが必要で、その研修を受けた後、修了試験として、評価テストをクリアすればOKとなります。

その後のキャリアアップもあり、例えば3年以上実務を積めば、介護の実務専門職として、介護福祉士という国家資格を受験できるようになります。

介護職員初任者研修はどこで受ける?費用は?

介護職員初任者研修は、自治体の指定した研修指定業者が開講しています。

いろんな人が研修を受けれるように、通学以外にも通信講座や夜間コースなどさまざまな受講スタイルが提供されているため、比較的ホームヘルパーへのとびらは開かれている状態です。

かかる期間としては、最短で3週間以上で、研修の費用は安ければ5万円~ありますので、ある程度計画的に研修を受けた方が効率的です。

転勤族の妻、時間に束縛されない仕事方法は…

最近では、自分の趣味をブログにしたり、自分の好きなものをヤフオクやメルカリを使って物販したりと、インターネットでお小遣いレベルで気軽にプチ起業する奥さんも多いです。

昔だと、お店を借りて、商品を仕入れたり、営業に出向いたりとしなければならないため、自分でビジネスを始めるというのは難しかったのですが、2010年を過ぎたくらいから女性や大学生などでもまずは自分の興味のある分野でプチ起業することがちょっとしたブームになっています。

好きなことや、興味のあることができる上に、時間も自分の都合が良い時間で、軽い気持ちで始められるということと、お金がかからないこと、やめようと思ったらすぐにやめられることが人気のポイントになっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ