小さい引越し

小さな引越しなのに通常料金を取られたくない!

小さい引越しだからこそ、引越し費用は業者で格差が出ます!

あなたの地域に強い引越し業者をさがす!

近距離引っ越し料金が安い!

【引越し価格ガイド】で一括見積り依頼をすると、日本通運・クロネコヤマトなど大手から地域密着型の引越センターまで全国対応で200社以上の引越し業者の中からエリアや距離、荷造りなどの条件に合わせたお見積りが届きます。まずはおおよその引越し費用・サービスを知り、じっくり比較検討することができます。
「ユーザー満足度ランキング」や見積もりされた方の「ユーザーの口コミ」などナマの引越し業者の情報・評判も豊富。
なるべく安く、サービスの良い引越し業者を見つけることができます。
住所等入力の所要時間は約 1 分
引越し先住所が完全に決まっていなくてもカンタンに入力可↓

便利な追加サービスや割引キャンペーン情報も満載です。

近距離引っ越し料金が安い!料金が50%割引に!?

小さい引越しこそ、ちゃんと調べないと大損です・・・

引越しをすべて業者さん任せにすると・・・

同一市内で荷物もほとんどないのに、作業員が3人やってきて15万円近く引っ越し代がかかった(涙)

荷物を適当に運ばれたせいか、荷物が壊れていて後日気がついたけど弁償してもらえなかった(涙)

いかにもバイトの人で運ぶ途中にマンションの共用部分を傷つけてしまい、いきなり謝罪した挙句弁償した(怒)

なんて、いいことがありません。

 

例えば引越し屋さんによって、アルバイトさんの質もずいぶん違います。
安いけど、テキトーすぎるアルバイトだと、物を壊されてかえって高くついたりしますし、
引越し屋さんにしっかり緊張感を持って作業をしてもらう必要があります。

まともな引越し専門業者を選ぶのが大基本(コツ1)

近距離でも、荷物がどんなに少量でも、大基本はしっかりまともな引越し専門の業者さんに依頼するということです。

 

とりあえず安い運送業者にお願いしてもよいですが、
安かろう悪かろうだと、物を壊されたり、モラルが低いと持ち逃げされたりと、逆に全体費用が高くなってしまいます。

 

しっかりと引っ越し業者としてサービスを提供しているところから選ぶようにしましょう。

あなたの地域に強い引越し業者をさがす!

近距離引っ越し料金が安い!

【引越し価格ガイド】で一括見積り依頼をすると、日本通運・クロネコヤマトなど大手から地域密着型の引越センターまで全国対応で200社以上の引越し業者の中からエリアや距離、荷造りなどの条件に合わせたお見積りが届きます。まずはおおよその引越し費用・サービスを知り、じっくり比較検討することができます。
「ユーザー満足度ランキング」や見積もりされた方の「ユーザーの口コミ」などナマの引越し業者の情報・評判も豊富。
なるべく安く、サービスの良い引越し業者を見つけることができます。
住所等入力の所要時間は約 1 分
引越し先住所が完全に決まっていなくてもカンタンに入力可↓

便利な追加サービスや割引キャンペーン情報も満載です。

近距離引っ越し料金が安い!料金が50%割引に!?

なるべく早く引越しを予約する(コツ2)

引越しを予約するのはなるべく早めが良いです。

 

直前になると作業員を確保したり、トラックを確保するのが難しくなるため、
引越しの作業量は全く変わらなくても、料金が上がってしまうことがあります。

 

引越しすることが決まったら
なるべく早めにネット見積り→3社くらいに問合せ→一番良いところに正式見積り
といった形で、引っ越し業者さんを確保しておきましょう。

 

引っ越し業者さんも早めに予約が入ったほうが
売り上げ見込みも立ちやすいですし、人もトラックも確保しやすいので、
その分、料金交渉に乗ってくれる可能性がぐんと上がります。

荷物が少なくても引越し料金が高くなるケース(コツ3)

引越し基本料金には公式があります!

 

小さくても大きくても、引越しの規模やサイズ、距離に関係なく、
引越しの基本料金が国の法律(国土交通省の引越し約款)によって定められています。

 

基本料金の決まる要因としては、利用するトラックの大きさ・作業員人数・距離によって大まかなベースとなる金額があります。

 

つまり、小さい引越しは荷物の量や、引越し時の階段/エレベータ有無などの環境、追加のサービス費が引越し料金に差が付く主要因になります。

 

言い換えると荷物の量が少ないというポイントだけだと、だいたいどこの引越し屋さんでも料金は変わりませんが、
じつは部屋の位置や引越し先のトラックを止めれる位置などは裁量部分が大きく、そこで料金が大きくわかる可能性があるのです。

 

距離の近さや荷物の多さによって引越し業者さんも得意分野がそれぞれ異なります。
まずは複数の業者に見積もりを出して、自分の引越し条件に合致しそうな業者を見つけましょう。

 

引っ越し料金の基本料金早見表

小さい引越しでも必ず相見積もりしよう(コツ4)

たとえ荷物がほとんどなく、小さな引越しになったとしても、必ず相見積もりをしましょう。

 

相見積もりをしないことには、料金の交渉はできないと考えてください。

 

相見積もりをして、A社さんは段ボールがついていたので、B社さんもつけてください!
など、実質料金を下げるためのヒントはすべて比較からわかります。

 

5社も10社も相見積もりをする必要はありませんが、
少なくとも2・3社は相見積もりをしましょう。

 

見積りの仕方は、はじめにネットでの無料見積りでベスト3社くらいに絞って、
その3社に訪問してもらいより詳細のサービス体系や、見積りを提案してもらうのが
もっとも効果的です。

同一市内の引越し(コツ5)

同一市内の引越しだったり、本当に引越し先までの距離が近い場合には、
自分で運べるものは自分で運べば、
その分引越し屋さんにお願いする引越し作業時間が短くなりますので、
料金の節約につながります。

 

また、自分で運ぶ荷物は壊れても大丈夫なものにしてください。
壊れると修理代が高いものや、取り換えが大変なものは引越し屋さんに任せましょう。

 

そのほうが万が一壊れてしまった場合の保険など、
対策がしっかりとれます。

 

引越しガイド>>

引越しの時間帯をうまく調整して節約(コツ6)

引越しをする場合に、引越しの時間を選ぶことができます。

 

そこでなるべく渋滞の少ない時間を狙うのがポイントです。
渋滞で移動時間がかかってしまうと、その分も作業員の作業時間にカウントされてしまうため、
引っ越し費用が上がってしまいます。

 

渋滞した分が料金に上乗せされてしまうともったいないですよね。

 

渋滞する時間は地域によって異なりますので、
一概に特定の時間帯がいいとは言い切れませんが、
交通渋滞の少ない時間をうまく移動時間にできるように予約しましょう。

必殺の引っ越し料金交渉術で相場より安くする!(コツ7)

引越し料金ですが、さきにネット見積りなどでいくつか料金を取っておくと、これが交渉の武器になります。

 

ターゲットは2番目か3番目に安い料金をネットから提示してきた業者さんです。

 

なぜなら、1番手の値段やサービス内容を2番手3番手の業者に伝えて、
それよりも安くしてもらえるように交渉ができるからです。

 

そして、最後はそういった面倒くさい交渉も快く応じてくれた業者さんを選ぶとよいです。

 

あなたの地域に強い引越し業者をさがす!

近距離引っ越し料金が安い!

【引越し価格ガイド】で一括見積り依頼をすると、日本通運・クロネコヤマトなど大手から地域密着型の引越センターまで全国対応で200社以上の引越し業者の中からエリアや距離、荷造りなどの条件に合わせたお見積りが届きます。まずはおおよその引越し費用・サービスを知り、じっくり比較検討することができます。
「ユーザー満足度ランキング」や見積もりされた方の「ユーザーの口コミ」などナマの引越し業者の情報・評判も豊富。
なるべく安く、サービスの良い引越し業者を見つけることができます。
住所等入力の所要時間は約 1 分
引越し先住所が完全に決まっていなくてもカンタンに入力可↓

便利な追加サービスや割引キャンペーン情報も満載です。

近距離引っ越し料金が安い!料金が50%割引に!?